『ISLAND』感想・批評・攻略順

ISLAND

評価 A+ ※エロゲランキング15位(2017年1月現在)
(シナリオS 面白度A 演出A 絵A キャラB システムA 音楽A H度なし プレー時間 少し長め)

作品名 / メーカー名 ISLAND(アイランド) / Front Wing
ジャンル タイムスリップ、非18禁、シナリオゲー
ゲームディスク容量 2.52GB (ディスクレス可)
その他 全年齢対象ゲームの為、Hシーンはありません。

推奨攻略順 (夏蓮→紗羅)→凛音①→NEVER ISLAND→凛音②→リンネ
 ※カッコ内は好きな順番でOKです。凛音①以降は固定です。
 ※Badend多数あります。攻略に関係ない選択肢も多数あります。
 ※ラストのリンネルートはTRUEに相当するルートです。お見逃しなく!
 ※攻略難易度は中レベルです。(選択肢は多いが自力攻略可能)
  リンネendに入るのが難しいです。入れない方は攻略サイトをご参照下さい。

あらすじ
1999年 娯楽施設など何もない小さな島「浦島」
 どうしてだろう。なにもわからない。
 ここがどこで、今がいつで、自分が誰なのかすら。
無限に続く輪廻の輪
 俺がこの島に来た理由。救おうとしていた少女の名は・・・リンネ

夏らしからぬ長袖のパーカー、その顔はひどく懐かしい。
その声はひどく慕しくて、何もかもが涙が出るくらい愛しい。
オレはまだ終われない。
切那「俺たち、どこかで会った事があるか?
これがセツナとリンネの永遠の物語の始まりだった。

主人公「三千界切那」
守りたい生活も家族もいないし、欲しいとも思わない。
・・ただ、この世界を、一人の少女を救いたいだけなんだ。
「ISLAND」は輪廻の運命を背負った少女と、彼女と再び巡り会う為に時を生き続ける青年の物語です。

感想・レビュー
まず「ISLAND」の感想を一言で表現すると「シナリオ構成は素晴らしい」です。展開としては前半から中半までは伏線をはり続け、少しずつ開放しながら、更に伏線をはっていきます。似たような展開の作品では「サクラノ詩」の様な感じです。ただそこに違う時間軸の物語が絡んでくるので、更に複雑になります。そしてその伏線と時間軸のタネを後半に回収する展開です。

逆に前半は「ISLAND」という作品の全貌が全く予想出来ない為、退屈かもしれません。しかし作中会話は面白く、非18禁作品なのですが下ネタも多いので、つまらないという事ではなく、絶賛する程の面白さがないという意味です。最初のヒロイン3人のルートは序章とでも考えて攻略する事をおすすめします。

「ISLAND」は後半になればなるほど魅入られます。ネタバレになるので記せませんが、この作品のテーマである「永遠の愛」については、当初に僕が考えていたものとは違い、驚きと感銘を受けました。「世界の秘密」についても練り込まれていると思います。ただ「世界を救う」事に対しては賛否両論だと思います。
この作品は上記3つのテーマを柱に作られています。最後の最後までプレイしないと作品の良さが分からない構成です。

演出、システム、音楽の感想です。
まず「ISLAND」の演出ですが、CG数に関しては一般的なエロゲと同数程度です。しかしHシーンが無い為、通常シーンにその全てのCGがまわされています。なのでCGが多く感じられました。非18禁作品の強みだと思います。ただ残念なのは演出に動きが少なく、一昔前のエロゲ感が否めなかった点です。

システムですが、前後のジャンプ、前回の続きから、フローチャート等、選択肢の多い作品に必要な装備はされていました。
残念な点はオートモードを継続しながらクリックで会話を進められない点です。
BGMは作品に合った音楽で良かったと思います。

●ヒロイン3人とその後の紹介及び感想です。
枢都夏蓮枢都 夏蓮」 浦島町長の娘 17歳
浦島から出た事のない夏蓮は島外の世界に憧れています。しかし町長であり父親である守継は過去のしがらみに囚われていて、それを認めようとはしません。その溝は深くなる一方で、更に母親「夏未」の問題が絡んできます。
「夏蓮は島から出て何をしたいのか? 何故、島を出たいのか?」

伽藍堂紗羅伽藍堂紗羅」 浦島神社の跡取り 16歳
自称「浦島を救う宿命を負う者」。生活は裕福ではなく神社のプレハブに一人暮らしをしています。両親は5年前の神社への放火で他界しています。
「もし過去を変えようとすれば、切那さん、あなたを殺します。」
頭が良く、気まぐれで泣き虫、色々な事に興味津々の紗羅には癒されます。

御原凛音御原 凛音」 御原家の一人娘 17歳
御原家は浦島で権力を持つ御三家の一つで、一生食べていける金を持っている資産家です。民族学者の父親「典正」は他界しているので母親と二人暮らし。母は引きこもりの為、実質、凛音が家の事を決めています。
「凛音は5年前に神隠しにあっている」
この凛音ルート後半から、ISLANDは面白くなっていきます。

・NEVER ISLAND
長い時を経て、再び動き出すリンネとセツナの物語です。上記の3ヒロイン攻略後に開放されます。

・リンネend
凛音②を攻略後に開放されるTRUE的な物語です。凛音②でこの作品が終わりっぽいのですが、見落とさない様にして下さい。この「ISLAND」の確信のシナリオです。ただこのendに入るのには苦労しました。入れない方は攻略サイトを参照して下さい。

●総合評価
数多くの伏線、選択肢、フェイクを孕んだ幾つかの時間軸が交差していて、物語の中半までは「ISLAND」の事を理解できず、不安にさせられます。ただ作中会話は面白いので退屈ではありませんでした。
そして後半。徐々に「ISLAND」の全容が明らかになっていきます。魅せられます。更に最後の選択肢からは驚かせられます。少し頭は使いますが難しい作品ではありません。
この作品は3つの柱で構成されています。「永遠の愛」「世界を救う」「世界の秘密」。是非「ISLAND」プレイしてみて下さい。シナリオゲーの好きな方は満足できる作品だと思います。

最後まで「『ISLAND』感想・批評・攻略順」を読んで頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
同人20%OFF
(一部商品は除く)
期待してるエロゲ
戯画 『キミの瞳にヒットミー』 応援中!

『おとれな』を応援中!
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。