『サツコイ』感想・批評・攻略順

サツコイ

評価 A ※エロゲランキング35位(2017年5月現在)
(シナリオA 面白度A 演出A 絵B キャラA システムA 音楽B H度C プレー時間 ミドルプライス作品として満足出来る尺)

作品名 / メーカー名 サツコイ ~悠久なる恋の歌~ / ALcotハニカム
ジャンル ミドルプライス瀬尾順、姉、シナリオゲ-
ゲームディスク容量 2.54GB (ディスクレス可)
その他 修正パッチあり

推奨攻略順 第一章(共通)→第二章(直→瑠璃)→第三章(悠)
 ※攻略難易度は簡単です。
 ※第二章内は好きな攻略順でOKです。
 ※第三章は前2人のヒロイン攻略後に開放されます。

あらすじ
10年前の幼少期、見合町近くの海岸で主人公「イズミ」と妹は拾われました。
しかし兄妹は別々の施設に引き取られ、妹に手紙を書いても、連絡がありません。
イズミは今、加納と言う男性に引き取られ、息子「加納イズミ」として生活しています。

雪が舞い降る夜の海浜駅前。血の繋がらない父親に肩を刺されて横たわるイズミ。
そんな半死状態のイズミに、悠は嬉しそうに笑いながら話かけます。
悠「今から、君は・・・私のモノだよ

白羽瀬 悠はマトモじゃない。心が壊れたも狂人。
学園で流れている数々の噂がイズミの頭をよぎります。悠はイズミのクラスメイトだが、現在、不登校の真っ最中。

人魚による殺人予告がネットに流れました。
人魚は人を食らわなければ成魚にはなれず、年若く死ぬらしい。成魚になれば身体能力は向上し、数百年は生きる事が出来ます。
人魚は強く賢く、長く生きらえる地上最強生物なのです。

イズミ「僕は君のそばにいるよ。いつか君が僕を殺す、その瞬間まで

感想・レビュー
2016年1月から2月にかけてのエロゲ閑散期、攻略したい美少女ゲームが見当たらなかったので、過去作「サツコイ~悠久なる恋の歌~」をプレイしてみました。
まず「サツコイ」の感想を一言で表現すると「予想以上の良作」です。
ミドルプライス作品という事もあり、あまり期待しないで攻略していたのですが、シナリオ、作中会話の面白さは非常に評価できる作品だと思います。

シナリオについての感想です。
シナリオのシリアス面と笑いのバランスが良いと思います。「サツコイ」のシナリオテーマは「生と死」です。死を扱った作品は暗くなりがちですが、「サツコイ」の場合、シリアス部分は真面目で暗い展開なのですが、それ以外の日常の展開では、作中会話が面白く、非常に笑えます。
「サツコイ」のシナリオは、シリアスと笑いの繰り返しで構成されています。

特にメインヒロインの「白羽瀬 悠」は、あらすじ冒頭の冷酷少女と同一人物でないかのごとく、可愛くて面白いキャラクターです。 「サツコイ」はメインヒロインルートが特化して、素晴らしい内容の作品です。他2つの攻略ルートも悪くはないのですが、メインヒロインルートの前座感は否めません。
また注目は「白羽瀬 悠」のCV「くすはらゆい」さんです。素晴らしい演技でした。間違いなく、くすはらゆいさんの代表作と言っても過言ではないくらい、悠の魅力を引き出していました。
攻略ヒロインの紹介及び感想は下記に記します。

ここからは批評(批判)意見になりますが、「サツコイ」はミドルプライスという事もあり、シナリオの設定や伏線はやや薄く感じます。もう少し掘り下げてシリアス面を追求して欲しかったというのが、私の感想です。
ただ、ミドルプライス作品としては十分な尺の長さで、その点は満足出来ました。

その他の感想です。
演出に関してですが、ミドルプライス作品なので、CG数は若干少な目です。しかし立ち絵の動きが良く、キャラの可愛さを引き立てている為、CG数の少なさをカバーしています。演出はA評価だと思います。
音楽ですがOP曲「Blue onBlue」、悠ED曲「悠久恋歌」ともRitaさんです。BGMも当たり障りなく物語を盛り上げています。
システムですがA評価です。オートモードは非常に使い易いです。ゲーム終了時にセーブ不要です。次回起動時にタイトル画面の「コンティニュー」で続きから始められます。

攻略ヒロインの紹介及び感想です。
川嶋 直「川嶋 直」 クラスメイト 新聞部
3年前、イズミが学園に転校した当初に物語は戻ります。ボッチだったイズミは新聞部の人達に友達を持つ事の意味を教わります。しばらくして直とイズミは好き合っている事に気付くのですが、イズミには直を恋人に出来ない訳がありました。
イズミ「僕はあと何度、彼等(新聞部の人達)と会えるのだろう」

新田 瑠璃「新田 瑠璃」 クラスメイト 委員長
瑠璃は幼少期、兄「ユタカ」と共に、子供の居ない夫婦に拾われ育ちました。しかしユタカは瑠璃の事を守る為、他界しています。それから2年が経過した今、瑠璃はイズミに言いました。
瑠璃「私達の母親を・・・殺すつもりよ」
この攻略ルートのテーマは「禁断の恋」です。このルートで「サツコイ」冒頭シーンの伏線が回収されます。

白羽瀬 悠「白羽瀬 悠」 クラスメイト メインヒロイン
施設で育ち、白羽瀬家にもらわれた悠。しかし直ぐに飛び出し、現在は株で生計を立てながら、一人で生きています。イズミを拾ってからは、一緒に暮らす様になりましたが、イズミの死期は淡々と近づいていきます。このルートでイズナの伏線は回収されます。
この攻略ルートのテーマは「後悔のない人生とは?」です。
鳥肌連続の素晴らしいエンディングだと思います。

総合評価
「サツコイ」はシナリオも素晴らしく、作中会話も面白いので高く評価できます。しかし上述の感想・レビューでも記した通り、ミドルプライス作品の為、総合的に少し薄めの内容となっている事が残念です。逆に言うと、フルプライスにして、設定やシリアス的内容に対して深くメスを入れて欲しかったです。「サツコイ」は強いメッセージを発しています。個々、それぞれ「生きる」という事を考える「きっかけ」を与えてくれる作品です。
「サツコイ」は対価格効果としては抜群だと思います。おすすめ致します。

 DMM DL版
  アマゾン    DMM DL版

最後まで「『サツコイ~悠久なる恋の歌~』感想・批評・攻略順」を読んで頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
同人20%OFFキャンペーン
期待してるエロゲ
景の海のアペイリア

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。