『アンラッキーリバース』感想・批評・攻略順

アンラッキーリバース

評価 B+ ※エロゲランキング65位(2017年8月現在)
(シナリオB 面白度B 演出A 絵A キャラA システムS 音楽A H度B プレー時間 普通)

作品名 アンラッキーリバース(Unlucky Re:Birth / Revesse)
メーカー名 ウインドミル
ジャンル キャラゲー 魔法 異世界
ゲームディスク容量 3.29GB (ディスクレス可)

推奨攻略順 (アリア→ミリーナ)→リズリー→エリス
 ※カッコ内は好きな順番でOKです。(攻略難易度は簡単)
 ※アフターストーリーにてサブキャラのHシーンが展開されます。

あらすじ
「はぁ・・・ついてないなー」
入社が決まった会社が倒産。外を歩けば鳥のフンが降ってくる。スーパーで貰う袋は確実に破れる。
主人公「一陣 優翔」の日常は、アンラッキーな日々の連続です。

2015年4月6日(日) 東京
道のど真ん中に開いた穴に落ちる優翔。絶対絶命の中に現れた女神。
「これからキミは異世界に行くことになるんだよ。」

優翔がたどり着いた場所はオルターニア。魔法が身近にある世界です。
翌日からこの世界のアミューリア学園(2年A組)に通学する事になりました。

優翔はアミューリア学園理事長の娘「エリス・エレノアール」の家に同居させてもらっています。学園では授業を受け、クラスメイト「ミリア・リリアーノ」が働くカフェ「アルストロメリア」で生活費を稼ぐ日々を過ごしています。

もう一つの世界「ナイトメア編」
「お腹がすいた。優翔、おやつを買ってくるのだ。」
優翔はいつの間にか、このわがまま娘「リズリー・マクダウェル」の下僕として生活していました。

平行する2つのシナリオ。その謎が解き明かされ、この2つの物語は1つになっていきます。

感想・レビュー
この「アンラッキーリバース」の感想を一言で表現すると「良し悪しがはっきりしているキャラゲーです。」つまり良いところは非常に優れているのですが、悪いところはC評価に値する出来です。

まずシナリオ展開についての感想です。
魔法世界が物語の軸となっています。しかしシナリオ内の魔法要素は控えめで、優翔が召喚された街「オルターニア」もあまり現世界と変わりません。ファンタジーものと言うより学園ものエロゲと表現した方が適切だと思います。
せっかくの異世界設定なのですから、もう少し夢のあるファンタジー世界を演出していれば、もっと「アンラッキーリバース」の評価は向上した様に思われます。

物語が非常に解りやすいのが「アンラッキーリバース」最大の利点だと思います。
共通ルートはエリスの世界とリズリーの世界の2つのシナリオで展開されるのですが、非常に綺麗に展開されていて、解りやすいです。そして無理な展開や言い回し等もなく、丁寧に作られた作品だという事が伝わってきます。攻略していて安心して癒される事が出来ました。

作中会話もまあまあ面白かったと思います。共通ルートは非常に楽しめました。
アリアとミリーナの個別ルートでは各ヒロインを好きになっていく主人公を丁寧に演出しているのですが、その過程が少し長すぎてダレます。しかし告白後はイチャラブも多いし、内容も面白かったと思います。
リズリー攻略ルートでは全てが面白かったです。このルートのみはA評価です。

問題はメインヒロインであるエリスルートです。「アンラッキーリバース」最大の欠点です。
エリス以外のヒロインは個性がそれぞれあり、プレイしていて面白かったのですが、エリスの個性は凡人で、さらに共通ルートと個別ルートとではキャラがブレます。よって作中会話の面白度も低下し、更にシナリオも他ルートより長く、ダレます。エリス攻略ルートはC評価です。
メインヒロインルートが特化して面白く、その他の個別ルートがつまらない作品は数多く存在するのですが、この「ラッキーリバース」は逆パターンの珍しいエロゲです。
しかしエリス攻略ルートはメインヒロインだけあって物語の主軸となっています。攻略順は最後にする事をおすすめ致します。リズリー攻略ルートが非常に面白いので、リズリールートを3番目にして、そこで楽しんで下さい。

キャラゲーとしての評価ですが、各ヒロイン、サブキャラ含めてメインヒロイン以外は皆、個性的で可愛いです。声優さんも各キャラにぴったりした人選だと思います。イチャラブ展開もキャラゲー好きの要望を満足させる出来栄えです。
演出も顔の表情が良く変わり、プレイしていて臨場感を与えてくれます。
CGも綺麗で、特に各ヒロインのエンディング前のCG(例えばリズリーの花嫁姿等)は見入ってしまいます。
アフターストーリーは、ほぼHシーンのみの内容ですが、サブキャラのHシーンがあるのは高く評価できる要素です。

システム、音楽の感想です。
システムに関してはS評価で最高ランクです。前後へのジャンプ機能もありますし、オートモードも心地良いタイミングに設定できます。メッセージウィンドウ右下のゲーム中断アイコンで終了すれば、次回起動時にタイトル画面に戻らず続きから再スタートできます。
音楽に関しては、ういんどみるらしい心地良いBGMで、物語を盛り上げています。私の場合、インストールに失敗したのかエンディング曲が流れませんでした。

ヒロイン4人の紹介及び感想です。
アリア「アリア・セレスティア」 3年 風紀委員長 退魔師
真面目で皆のお手本的存在です。風紀委員長にも生徒達の推薦で就いています。感想・レビュー欄で上述した様に、告白前のシナリオは少しダレますが、告白後のイチャラブ展開などはハチャメチャで面白かったです。

ミリーナ「ミリーナ・リリアーノ」 2年A組
魔法を使う能力に長けていて「学園の才媛」と呼ばれています。
伏線の多い個別ルートですが、エンディングで綺麗に伏線が繋がっていく展開は高く評価出来ると思います。

リズリー「リズリー・リリアーノ」 ナイトメア
両親や兄弟がいなくて、占いで生計を立てています。そして一人前のナイトメアになる為、日々、勉強しています。女神ウルシュとの別れのシーンなど「アンラッキーリバース」の中で一番面白かった攻略ルートです。

エリス「エリス・エノアール」 2年A組 理事長の一人娘
魔法の強さは優秀だが、コントロールが苦手です。召喚魔法が得意で、担任「リリアーノ先生」より上手です。
残念ながら、この攻略ルートは「アンラッキーリバース」の本筋ルートです。

女神ウルシュ(CV 民安ともえさん)、サーシャ(CV 藤咲ウサさん)など魅力的なサブキャラも多数おりますが、スペースの関係で割愛させていただきます。
サブキャラにもアフターストーリーにてHシーンがありますので、ゲーム内にてお楽しみ下さい。

総合評価
感想・レビュー欄でも上述した様に、メインヒロインであるエリス攻略ルートがなければワンランクアップの「A-評価」でした。
欲を言うと、もう少しファンタジー要素が強ければ、更にワンランクアップ出来た作品です。
個別ルートでは少しダレる部分もありますが、シナリオ展開、システム、演出等、非常に作りが丁寧です。この「アンラッキーリバース」はキャラゲーとして、安心して日々の疲れを癒やす事の出来る作品だと思います。

  アンラッキーリバース ダウンロード販売
 AMAZON     DMM DL版

最後まで「『アンラッキーリバース』感想・批評・攻略順」を読んで頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
夏の最大50%OFFセール
期待してるエロゲ
景の海のアペイリア

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。