『VenusBlood GAIA』感想・批評・攻略順

venusblood gaia
評価 A
(SLG構成A 面白度A 演出A 絵A キャラA システムB 音楽A H度B プレー時間 長い)

作品名 VenusBlood GAIA(ヴィーナスブラッド ガイア)
メーカー名 dual tail
ジャンル 主人公強い ハーレム SLG 凌辱 触手
ゲームディスク容量 3.54GB (ディスクレス可)
その他 修正パッチ有り 解像度960×720

萌えゲーアワード

推奨攻略順 カオスルート→ロウルート
  (カオスルートの方が難易度が低い為)
 カオスルートとは? → 主人公「テオ」が鬼畜化した内容。
 ロウルートとは?  → 主人公「テオ」が正義を貫き通すルート。
※選択肢により8章から分岐します。「覇道」よりの選択をするとカオスルート、「治世」よりの選択をするとロウルートに入ります。
「コール」内のレベルゲージにて確認できます。

あらすじ
太古より神と魔が争い合ってきた黎明の世界「マグナスフィア」
この世界の一角の巨大島「パラストラ島」が「VenusBlood GAIA」の舞台です。
パラストラ島は神獣の加護を受け、永年に渡り繁栄してきました。しかしその繁栄も永遠ではありませんでした。
今では草木は枯れ、池や湖が干し上がり、魔物が蔓延る世界と化し、居住圏はパラストラ島内の五大国とその周辺のみとなってしまいました。

パラストラ島北部の大帝国「グランレイド」は他国に侵略まがいの軍事派遣を繰り返しています。
魔導都市「エネルゲイア」も例外ではなく、侵略されようとしています。
エネルゲイアの大公「テオフラット=ホーエンハイム」は命じます。
「作戦目標は都市の防衛、及び敵部隊の殲滅!」

エネルゲイア以外のパラストラ島の他4国は、神獣の魔力「スートラ」又は神力「エスピリト」により運営されています。
対して浮上する魔導都市「エネルゲイア」は魔力「エーテル」を動力としています。よってエネルゲイアは定期的に各国に着陸してエーテルを補充する必要があります。
エネルゲイアは各国に着陸の申請をしますが、保守的な各国はなかなか着陸を受け入れてくれません。
そして仕方なく強制着陸するエネルゲイアに各国の軍隊が突入してきます。

パラストラ島の各国を敵にしたエネルゲイアの大公「テオフラット=ホーエンハイム」は、どの様な作戦を展開していくのでしょうか?

感想・レビュー
まずVenusBloodシリーズの魅力について記します。
・シナリオ以上にゲームが面白い。
・Hシーンが過激で、触手、凌辱属性の方は必見。
・ヒロインと同様にユニット(戦士)が可愛く、戦闘シーンを見ていて飽きない。
・経験値等を引き継げるのでヒロインやユニットを育成していく楽しみがある。
・VenusBloodシリーズは続編ではないので、どのソフトからでも始められる。

今作GAIAはVenusBloodシリーズの中でも難しいと言われています。
確かにその通りで、私はイージーモードで始めて1週目は強制勝利ボタンを使用して、やっとカオスルートのエンディングまで辿り着けました。
2週目は1週目で得た経験値やアイテムがあったので普通にカオスルートを攻略できました。(同じくイージーモード)
3週目はノーマルモードでロウルートをクリアしました。
4週目はハードモードでカオスルートをクリアできました。
5週目はハードモードでロウルートをギリギリクリアしました。
「VenusBlood GAIA」は経験値やユニットのレベルが低いと攻略が難しいです。よって私の様に最初はイージーモードから始めて経験値等をアップさせてステップアップしながら攻略していく事をおすすめ致します。

「VenusBlood GAIA」で特に攻略難易度が高いのは7章-3「可能性の行く末」です。敵の数が増え、その敵が強いです。私の場合、こまめにSAVEして、負けても何度か挑戦したらクリア出来ました。
カオスルートの場合、7章-3をクリア出来れば、その後はそれ程、難しくないので、これまで貯めた資金等の多くを使用する意気込みで挑戦する事をおすすめ致します。しかしロウルートは8章も敵が強く、苦戦すると思います。

ハードモード攻略のポイントを私なりにご紹介させて頂きます。
・5章までは簡単に攻略出来る為、「訓練所」と「宝物庫」を極力多く配置する。
・構築ランクを上げ「治療の泉」「修理部屋」「牢屋」を配置する。
・6章からは「訓練所」「宝物庫」を徐々に「氷、炎、ツタの間」に変えていく。
・6章以降はこまめにSAVEして、もし負けてしまっても何度か挑戦する。

ここからは「VenusBlood GAIA」の批評(批判)点です。
まずVenusBloodシリーズ全般に言えるのですが、ゲームのシステムが複雑で、初心者にはおすすめ出来ません。しかし逆にシステムの複雑さがあるからこそ面白いと言えます。
そしてオートモードですが、自分の心地良いタイミングに設定できず、使えません。
またゲーム中に負けてもいないのにゲームオーバーになってしまったり、PCエラーによりフリーズしてしまう事が数回ありました。
「VenusBlood GAIA」最大の批評(批判)点はエンディングに到達しないと遺産相続(レベルやアイテムの引き継ぎ)が出来ません。
解像度960×720で、ワイド画面に対応していません。
※次作の「VenusBlood HYPNO」では遺産相続と解像度は解消されています。

総合評価
上述に記した通り「VenusBlood GAIA」はゲームシステムが複雑な為、理解するのに時間を要します。逆に理解してしまえば、その分、1ヶ月以上は楽しめるエロゲです。また、GAIAを理解してしまえば次作のHYPNOや前作のFRONTIERも同じ様なシステムなので、簡単に理解可能です。
今作「VenusBlood GAIA」の評価は「A」としました。私は十分楽しまさせて頂きました。おすすめの18禁SLGです。

次作「VenusBlood HYPNO」のレビューはこちら↓
     『VenusBlood HYPNO』感想・批評・攻略

最後まで「『VenusBlood HYPNO』感想・批評・攻略」を読んで頂きまして誠にありがとうございます。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
萌えゲーアワード受賞作品
期待してるエロゲ
キミの瞳にヒットミー

ピュアソングガーデン
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。