『幻のディストピア』感想・批評・攻略順

幻のディストピア

評価 A- ※エロゲランキング54位(2017年8月現在)
(シナリオA 面白度A 演出C 絵B キャラA システムA 音楽B H度B プレー時間 短い)

作品名 / メーカー名 幻のディストピア / てぃ~ぐる
ジャンル お嬢様 お金持ち 中古価格安い メイド シナリオゲー
ゲームディスク容量 1.75GB (ディスクレス可)

推奨攻略順 朱莉→楓→瑠璃子→葉子
 ※葉子は最後に攻略して下さい。
 ※攻略難易度は簡単(楓ルートが見つからない場合は最初の選択肢を確認)

あらすじ
「幻のディストピア」の舞台は人口20万人の「ユートピア」です。
世界の人口が膨れ上がり、世の中の秩序が崩壊した未来。政府は高い壁を築き上げ、特別保護区画「ユートピア」を作り上げました。その名の通り世界に残された最後の楽園です。

世界には2種類の人間がいます。持って生まれた者とそうでない者。もっと言うなら金持ちか貧乏人か。
「ユートピア」は住居区画が1区から5区まで分かれています。1区に近づくほど資産家で、3区は中流階級となっています。例えば1区にある水族館は4区以下の住民は入れません。完全なる階級社会です。

主人公「曽我 亮太」は今日から新しい学園に転入します。生徒の9割り以上が1区、2区在住の生徒で占める超資産家の学園です。入学条件は一定の資産を保有している事。この学園では生徒同士の恋愛は禁止されています。
亮太の担任「羽柴 紗生」はつぶやきます。
「どうやら私は、かなりの問題児を抱え込んだらしい・・・」

ユートピアの中央自治区を管轄する「来栖川 雄」。来栖川家の持つ権力は世界の頂点です。 その一人娘「来栖川葉子」は亮太と同じクラスに所属しています。
亮太は葉子と仲良くなろうとしますが、中々、葉子に受け止めて貰えません。
葉子は亮太に言います。「私はあなたを生理的に受け入れられません。」

曽我亮太がこの学園に転入した理由とは?
曽我家には消しても消しきれない傷が幾つもありました。
「俺は、この世界の最も高みへ必ず到達して見せる。一匹のアリが世界を侵食していく。それが、どれだけすごい事か。」

感想・レビュー
まず「幻のディストピア」の感想を一言で表現すると「シナリオ設定、世界観は素晴らしい」です。
エロゲでは数少ないお金持ち主人公ものであり、差別社会を如実に表現した未来を描いた作品です。てぃ~ぐると言えば「トモセ+衣笠作品」が代表で、トモセ+衣笠作品と言えば「暁の護衛」「レミニセンス」が挙げられます。
今作は作者、絵師ともに別人ですが、上記2作品を混合した様な設定になっているのが「幻のディストピア」です。シナリオ内の日常会話も上記2作品に劣らない仕上がりで、非常に面白いとおもいます。

ただし欠点が多い作品です。
ここからは批判(批評)意見となります。「幻のディストピア」は総合的に薄っぺらいです。
まずCGが少ないです。HシーンのCG数は多いのですが、日常のCG数が足りていません。CGが欲しいところでも、そのまま立ち絵であったり、CGの使い回しが目立ちます。効果音もほとんど無く、せっかくの良いシナリオが沈んでしまっています。私の演出評価は「C」です。

次にシナリオが短いです。特に共通ルートにはイベントが少なく、ほとんどが学園か屋敷内での展開です。日常会話は面白いのですが、これと言ったドキドキする内容ではなく、私は少し飽きてしまいました。
その他、シナリオは素晴らしいのですが、設定を深く追求していない為、薄っぺらい感想を否めません。

個別攻略ルートは楽しめます。
この「幻のディストピア」は共通ルートより個別ルートの方が断然、面白い作品です。この作品の特徴は朱莉以外の3ヒロインは、亮太の事を嫌っています。その攻略難易度の高いヒロインを、頭の良い亮太が攻略していく様は絶品だと思います。
特にメインヒロインの葉子ルートのエンディングは、大ドンデン返しで鳥肌が立つ程、凄いです。

音楽、システム、Hシーンの感想です。
BGMは当たり障りない印象です。あまり脳裏には残りません。
システムですが使い易いと思います。オートモードは快く使えます。
HシーンはCG数も不足なく、一般的な非抜きゲーよりもHだと思います。特にサブキャラ「三宮 神楽」のHシーンが、短いですがある事は評価出来ます。

攻略ヒロイン4人の紹介及び感想です。
鈴森 朱莉「鈴森 朱莉」 1区在住 葉子の唯一の友達
転入した初日に一人でいた亮太を、気遣ってくれた優しい朱莉です。しかし、そんな朱莉を亮太は利用します。葉子の情報を得る為、朱莉に近づく亮太。そして亮太の思惑通り、朱莉は亮太に惹かれていきます。
しかし本当の朱莉は、お人好しでふにゃふにゃした人格のみではありませんでした。

牧園 楓「牧園 楓」 1区在住 牧園財閥の次女
クラスでは固執していて、授業には、ほとんど顔を出しません。たまに学園に来ても、放課後は家に帰りません。無理に不良言葉を使い、不愛想に振る舞います。そんな楓が亮太のしつこさに根負けして変わっていきます。

北条瑠璃子「北条瑠璃子」 曽我家メイド
曽我家に仕えて10年間、毎日休まず働いています。今や曽我家には必要不可欠な存在です。そんな瑠璃子がある日、休みが欲しいと言い出しました。執事「早乙女 剛」は言います。
「来るべき時が来たのかもしれん」
瑠璃子が曽我家の家族として認められる、心温まる攻略ルートです。

来栖川葉子「来栖川葉子」 メインヒロイン
不良「坂崎 猛」に付きまとわれている葉子。坂崎は1区在住の超金持ちの為、護衛の「桜庭 健吾」も下手に手が出せません。その状況において亮太は坂崎から葉子を救いました。しかし亮太には坂崎からの復讐的嫌がらせが続きます。しかしそれは亮太のシナリオ通りだったのです。この攻略ルートで「幻のディストピア」の謎が解明します。

総合評価
この「幻のディストピア」ですが「トモセ+衣笠作品」ファンは必見です。感想・レビューに記した通り、シナリオ、設定、世界観、作中会話等、「暁の護衛」「レミニセンス」に似ています。満足半分、失望半分という感想になるのではないでしょうか。
「幻のディストピア」は傑作になりうる作品の為、今回の演出、シナリオの短さは非常に残念でなりません。是非、FDにて穴を埋めて頂きたいと期待しています。
てぃ~ぐる作品という事で過度な期待をせず、シナリオの短さを理解した上で攻略すれば、面白い作品だと思います。

最後まで「『幻のディストピア』 感想・批評・攻略順」を読んで頂きまして、ありがとうございました。
このページでは一部、てぃ~ぐる様の画像素材を加工・引用しています。これらの素材を他へ転載することを禁じます。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
同人20%OFFキャンペーン
期待してるエロゲ
景の海のアペイリア

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。