『VenusBlood HYPNO』感想・批評・攻略

venusblood hypno
評価 A+ ※エロゲランキング19位(2017年5月現在)
(SLG構成S 面白度A 演出A 絵A キャラA システムA 音楽A H度A プレー時間 長い)

作品名 VenusBlood HYPNO(ヴィーナスブラッド ヒュフノ)
メーカー名 dual tail
ジャンル 主人公強い ハーレム SLG 凌辱 触手
ゲームディスク容量 4.15GB (ディスクレス可)
その他 修正パッチ(ver1.07a)有り、Badend有り

萌えゲーアワード

あらすじ
約2000年前、ヘルヴェティアの女神「エナルト」に対し、魔族は敗北し、地の底「イシュタ」の冥門の奥へ封印させました。
そして1000年後、魔族達は力を合わせ、女神に勝利し、イシュタから地上「ヘルヴェティア群島」へ再び戻る事ができました。

「VenusBlood HYPNO」の舞台であるヘルヴェティア群島は5つの大陸で成り立っています。
この魔族世界は階級社会でありルーラー(支配階層)からベイグランド(流民)まで5つの階層に分かれています。人間は階級に入れず、虫と同等の扱いを受けています。
その中の1つの国である「ヴァルガニア帝国」に主人公「レオンハルト」は所属しています。役職は帝国軍皇帝直属第十三部隊「漆黒装隊」の隊長です。

そしてヴァルガニア帝国の皇帝「カルヴィア・クルルゼウニ」の命令により、レオンハルト率いる漆黒装隊は他4国に攻め入る事になりました。皇帝カルヴィアの目的はヘルヴェティアの統一です。

しかしレオンハルトは、皇帝カルヴィアの知らない野望を抱いています。
その野望とは何か? 成し遂げる事が出来るのでしょうか?

感想・レビュー
まず「VenusBlood HYPNO」の感想を一言で表現すると「非常に作り込まれた18禁SLG」です。
感想の冒頭から批評(批判)意見になりますが「VenusBlood HYPNO」は凝り過ぎでいる為、ゲームシステムを理解するのに非常に時間を要します。特にゲーム性の強いエロゲ(RPGやSLG等)をあまりプレイしない初心者にとっては途中でギブアップしてしまう可能性があります。
しかし私もゲーム性の強いエロゲをあまりプレイしませんが、システムをある程度理解出来ると、逆に面白くて熱中してプレイしていました。

この「VenusBlood HYPNO」はプレイモードを「ベリーイージー」から「タナトス」まで6段階の難易度を設定出来ます。
私の場合、最初はゲームシステムを理解する為、ノーマルとイージーを交互にプレイしてある程度のシステム理解に努めました。
その後、2週目でノーマルモードを攻略する事に成功しました。そして育てたユニットを引き継ぎ、ハードモードへ入りました。 しかし5週目でもラスボスを倒せん。6週目に入り、やっとハードモード攻略完了しました。超嬉しかったです。ユニットを育て続けた成果がやっと出せました。

プレイしてみての感想ですが、イージーモードは私の様に練習でプレイするには良いですが、攻略するには簡単過ぎるので、やめた方が良いと思います。イージーでは「VenusBlood HYPNO」の魅力を十二分に味わう事が出来ません。

ノーマルモードは丁度良い攻略難易度だと思います。簡単過ぎず、しかも攻略不可能ではないレベルです。ただ、1週目では攻略出来ないと思います。
ハードモードですが、ノーマルモードで得たゲームの理解度を試す良い環境だと思います。しかしラスボスは非常に強いので私の様に6週クリア覚悟で臨む事をおすすめ致します。

「VenusBlood HYPNO」の魅力について
感想・レビューの冒頭でも記しましたが「VenusBlood HYPNO」は非常に作り込まれた18禁SLGです。ゲームシステムを理解するのに日数を要します。その分、奥が深く、ある程度理解出来ると数か月は遊ぶ事が可能なゲームです。

ヴィーナスブラッド ヒュフノ もう一つの大きな魅力は100名以上のユニット(戦士)や武将を一人一人作り込み育てる事が出来ます。キャラも個性に富んでいて戦闘シーンを飽きさせません。 また一人一人個別にユニットを組ませて師団を作る事が出来ますので、その戦場にあった配置が可能です。 またノーマルモードを攻略してハードモードへ移行する際、育てたユニットのレベルや装備などを引き継ぐ事が出来ます。

Hシーン、ゲームプレイの感想です。
Hシーンは非常に多いです。ほぼ触手系洗脳プレイです。
ゲーム内容ですが、基本はユニットや武将を育てて、戦場に合った師団を配置していきます。配置が終了すると戦闘自体は自動で行われますので、プレーヤーはほぼ見ているだけです。ただ一人一人の個性を尊重して配置しますので、結構時間を要します。

ノーマルモード攻略のポイント
①まず資金不足がゲームを通じての悩みの種です。対策として農業投資を優先して行い、農業スキルのあるユニットを全員雇用し、とりあえず編成に組み込んでおく事をおすすめ致します。
②ランク高い装備が次々に追加されるので、頻繁に装備欄をチェックして下さい。
③盲点になりがちですが、装備欄の素材にある「地獄のエリクサー」は全雇用ユニットのHPを回復してくれます。要チェックです。

ハードモード攻略ポイント
①資金に余裕ができたら武将の装備をランク7に上げましょう。
②雇用中のユニットを一度解雇し、再雇用して二つ名を付けましょう。二つ名を付けると、バリア数が増えたりしてユニットや師団が強くなります。
③最後のラスボス戦は4回戦です。その4回戦に全ての武将を均等に配置し、リーダーリンクを生かしましょう。
※上記3点で私はハードモードクリアしました。

前作「VenusBlood GAIA」との違い。(システム変更点)
・ワイド画面対応になり、戦闘の幅も増加しました。
・攻略途中で負けても遺産相続(レベル等の持ち越し)が出来る様になりました。
・師団が36師団に増加し、ユニットも増加しました。
・その他、多数あります。
※前作「VenusBlood GAIA」のレビューはこちら↓
     『VenusBlood GAIA』感想・批評・攻略順

総合評価
感想・レビューでも記した通り「VenusBlood HYPNO」は非常に奥が深い作品なので、数ヶ月楽しむ事が可能です。1つのエロゲを長くプレイして追及したい方へおすすめする18禁SLGです。
逆にゲーム性の強いエロゲの初心者には向いていません。初心者の方は「イブニクル」(18禁RPG)等の理解しやすいゲームから馴らしていった方が良いと思います。
ただ、ある程度、ゲームシステムを理解してしまえば「VenusBlood HYPNO」は非常に楽しめる傑作です。

最後まで「『VenusBlood HYPNO』感想・批評・攻略」を読んで頂きまして誠にありがとうございます。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
萌えゲーアワード受賞作品
期待してるエロゲ
キミの瞳にヒットミー

ピュアソングガーデン
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。