『なついろレシピ』感想・批評・攻略順

なついろレシピ

評価 A ※エロゲランキング28位(2017年5月現在)
(シナリオA 面白度A 演出A 絵A キャラA システムB 音楽A H度C プレー時間 少し短い)

作品名 / メーカー名 なついろレシピ(natsu-iro Recipes) / PULLTOP Air
ジャンル  キャラゲー 料理
ゲームディスク容量 3.52GB (ディスクレス可)

推奨攻略順 すずな→椋香→こごみ→柚 (攻略難易度は簡単)
 ※上記攻略順は極力ネタバレを避けた順番ですが、前3人は変更可です。
 ※4人目は柚を推奨します。

あらすじ
一年前に母「志保里」が亡くなり、親戚をたらい回しされた「八重原 柚」
半年前に白珠村に住む祖母「蒔絵」に引き取られ、伏せていた柚の心も回復していきます。やっと見つけた安住の地「祖母の家」でしたが、1ヶ月前に祖母「蒔絵」も他界してしまいます。
「世界は悪い方へしか変わっていかない。」
再び天涯孤独になってしまった柚の心は、更に深い闇の中へ伏せてしまいます。

主人公「杜丘 岳史」は東京に住んでいました。
電車で5時間、そしてバスで1時間かけて、岳史は柚の元へ駆けつけます。
岳史と柚は腹違いの兄妹だったのです。
岳史「君が望む限り、俺はここにいよう」

岳史と柚は祖母が一人で経営していた食堂を再建する事にしました。
しかし祖母の味には中々、到達できません。白珠村の友達達の協力を得て、岳史と柚は旧メニューの再現や新レシピの開発に勤しんでいきます。
「しらたま食堂」は村人達に受け入れて貰えるのでしょうか?

岳史には村人達や柚に言えない秘密を抱えています。
この「なついろレシピ」は360°見渡す限り山の中にある白珠村での物語です。

感想・レビュー
まず「なついろレシピ」の感想を一言で表現すると「面白い!」です。
登場キャラクター達の個性が良く表現されていて、作中の会話も面白いです。基本は料理を題材としたキャラゲーなのですが、シナリオも良く、高く評価できます。

「なついろレシピ」のシナリオスパンは約3年です。エロゲとしては長いのですが、その3年間で岳史や「しらたま食堂」が村人達に受け入れられていく様子が、上手に描かれていると思います。
PULLTOPらしい暖かい作風も健在で、「なついろレシピ」を攻略していて心が暖まります。シナリオ、面白度共に私は「なついろレシピ」をA評価としました。

「なついろレシピ」はエロゲでは珍しく料理を中心としたシナリオです。しかし料理アニメの様に熱血料理人的ではなく、あくまでも料理展開はシナリオの土台的な位置付けであり、さらっとしています。
題名にレシピをを使っているだけあって、登場するメニュー(CG)は美味しそうに描かれています。「なついろレシピ」の一つの売りになっています。攻略しているとお腹が減ります。

シナリオ構成は共通ルートが短く、個別ルートが長いです。攻略ヒロインが4人なので「なついろレシピ」全体の尺は少し短めです。しかし、その分中だるみ感は無く、私は丁度良い長さだと思います。

「杜丘 岳史」ですが、ハイスペック主人公です。
目つきが悪く誤解を受けやすい顔なのですが、真面目で責任感が強く、困っている人をほっとけません。バイト経験も豊富で「しらたま食堂」をはじめたのも、バイトで飲食業に関わった事がある経験からです。好感が持てる青年です。田舎の村はよそ者を嫌う傾向があるのですが、岳史は性格の良さから、徐々に村人達に受け入れてもらえます。

システムの感想です。
批評(批判)意見になりますが、評価は低いです。まず「前の選択肢へ戻る」はあるのですが、次の選択肢へのジャンプ機能がありません。スキップも遅い為、少しイライラします。またオートモードを継続しながら、右クリックで解除を出来ない点も評価を落としています。

攻略ヒロインの紹介及び感想です。
早蕨すずな「早蕨すずな」 レタス農家の姉妹(姉)
都会に憧れていて、進学先は都会に決めています。しかし受験勉強はした事がありません。志望校のレベルは高く、合格率は20%以下の評価を受けてしまいます。そんなすずなの家庭教師をする事になった岳史です。責任感の強い岳史は必死に勉強を教えます。しかし家庭教師中のある時を切っ掛けに、すずなの様子が変化します。すずなは無事、合格出来るのでしょうか?
お調子者で食いしん坊のすずなですが、非常に好感の持てるキャラクターです。CVは「くすはらゆい」さんです。

鰺ヶ沢椋香「鰺ヶ沢椋香」 家は雑貨屋
卒業してから定職に就かず、森林組合のアルバイトやボランティア活動、雑貨屋の店番をしています。そんな椋香を心配する祖父「猪左夫」は「椋香を見守って欲しい」と岳史に頼みます。困っている人をほっとけない岳史は、椋香の弁当を毎日作る事になりました。
椋香の夢は猟師になる事です。しかし祖父に反対されています。
そんなこんなで岳史と椋香は交際しはじめます。
柚は思います。「私は兄さんの足枷になっている。」
椋香ルートのテーマは「はっきり言わないと伝わらない」です。

早蕨こごみ「早蕨こごみ」 レタス農家の姉妹(妹)
登場キャラクターの中では一番年下ですが、一番しっかりしています。姉の「すずな」より3つ年下です。
早蕨家とは家族ぐるみのお付き合いをさせてもらっている岳史と柚です。しらたま食堂で使うレタスも提供してもらっています。
レタス農家を営む早蕨家の父がぎっくり腰になってしまいました。岳史は白珠レタスの収穫を手伝う事になりました。
そんな日々を過ごしているある日、こごみは岳史の秘密を知ってしまいます。こごみはショックで体調を崩してしまいます。

八重樫 柚「八重樫 柚」 メインヒロイン 東京出身
不器用でドジっ娘、悲観的思考の持ち主です。
岳史が白珠村に来て一年が経ち、灯籠流しが終わり祖母の遺品を整理していると、ひょんな事から柚は岳史の秘密を知ってしまいます。そして岳史は柚の兄である資格を失います。村の会合がある時、岳史と柚はその秘密を村人達に伝えました。
岳史は白珠村から出て行かなくてはならないのでしょうか?
過疎化した白珠村が、未来に向かって変わろうとする様を描いた攻略ルートです。

その他サブキャラも魅力的なキャラクターです。特にサブキャラ声優陣は豪華で「青山ゆかりさん」(早蕨あざみ役)や「卯衣さん」(小田巻花梨役)も参加しています。→「エロゲ声優ランキング(ベスト15)」参照

総合評価
上述した感想・レビューでも記した通り、田舎町の雰囲気や環境、村人達の人情など「なついろレシピ」は非常に心温まる作品です。日々の疲れた精神を癒してくれます。主人公も好感が持て、登場キャラの性格も個性的で、終始一貫していてぶれません。作中会話も面白く、中だるみせず攻略出来ます。批評(批判)点としては共通ルートが少し短めです。私としては、もう少し共通ルートにおいて白珠村の雰囲気で癒されたかったというのが感想です。
2015年(上半期)発売作品の中では「イブニクル」に続いて「なついろレシピ」がベスト2だと思います。おすすめです。是非、攻略して下さい。

最後まで「『なついろレシピ』感想・批評・攻略順」を読んで頂きまして誠にありがとうございます。
このホームページでは一部、[PULLTOP様] 製品の画像素材を加工・引用しています。 これらの素材を他へ転載することを禁じます。(C)Willplus  PULLTOP webpage

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
夏の最大50%OFFセール
期待してるエロゲ
景の海のアペイリア

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。