LOST:SMILE【ロストスマイル】(前編)の感想

LOSTSMILE

評価 A ※エロゲランキング47位(2019年8月現在)
【シナリオA 面白度A 演出C 絵B キャラA システムB 音楽B H度なし プレー時間28時間】

作品名 / メーカー名 LOST:SMILE memories(前編) / LIFE0
ジャンル ロープライス 全年齢 田舎  夏ゲー
その他 ゲーム容量1.7GB、自動アップデート、配給はsteam配信のみ

●注意事項
 LOST:SMILEはmemories(前編)とpromises(後編)に分かれています。今回は前編のmemoriesの感想となっております。
 (後編のpromisesは今のところ発売日未定です)

●推奨攻略順 (純→めぐる)→美鈴
  ※カッコ内は私のおすすめですが、好きな順番でもOKです。
  ※ノーマルエンド、バッドエンドあり。攻略難易度は中。
  ※攻略チャートはこちら↓
   LOST:SMILE【ロストスマイル】(前編)の攻略チャート
  ※みひろと湊と由希子さんはmemories(前編)では攻略出来ません。

あらすじ
 8月1日、東京から飛行機に乗り本島へ。更に高速船へと乗り換え1時間。19歳の男子大学生がその船上から海を見ていると、見知らぬ女性に話かけられました。
美鈴「綺麗ですよね。
 彼女は観光で島に行くそうです。

 ひょんなことからその高速船から海に落ちてしまった男子大学生。
めぐる「おーい、生きてますかー?
 砂浜でゴミ拾いをしていた女の子は、浜辺に打ち上げられた有紀に声をかけています。

 そんなこんなで息を吹き返した有紀が海岸沿いを歩いていると、自転車に乗った女の子が猛スピードで坂道を下ってきました。
純「とめてとめてーッ!!
 叫ぶ女の子を乗せた自転車は海に向かって飛んでいきました。

 ここは日本列島のはるか南に位置する亡き父の故郷「星美島」
今作『LOST:SMILE memories』は主人公「樋口 有紀」がこの島で経験した夏の思い出を描いた物語です。

感想・レビュー
 まずLOST:SMILE memories(前編)の感想を一言で表現すると「面白かったけど良作止まり」です。
 はっきり言ってしまうと前作の「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」が素晴らし過ぎて、それを期待してるとこのような感想に落ち着くのではないでしょうか。

 とは言っても決して悪い作品ではありません。作中会話の掛け合いも面白いし、夏の田舎の雰囲気も良く表現されています。そしてヒロインたちはとっても可愛くて個性に富んでいて、楽しく攻略することが出来ました。

 またテキストも下手にカッコつけてなく素直で読み易いので、ストレスなく自然と頭の中に物語が入ってきます。ロストスマイルは仕事で疲れていても楽しくプレイすることができる良作です。

 ただ今作はゼヴンデイズで魅せた心にズシズシと伝わってくるモノが無かったのが残念でなりません。きっとロストスマイルを手にした多くのプレーヤーたちは、その心に響く何かを期待して今作を購入したのではないでしょうか。

 シナリオの感想の続きは最後の総合評価覧に記します。

その他の感想です。
 まず問題の演出ですが、相変わらずダメです。CGは少ないし動きはないし。素晴らしいシナリオもこれでは途中で飽きてしまいます。
 尺の長さはプルプライス並みにあるのですから、もう少し価格を上げて演出の強化を図るべきだと思います。ゼヴンデイズの教訓が全く生かされていません。

 演出と同様にロストスマイルのBGMやシステムに関しても、私の中の評価は低いです。エロゲにおける傑作とはシナリオは勿論のこと、魅せ方も重要なファクターだと私は思っています。なのでこれではいつまで経っても名作の仲間入りは出来ないと思います。

LOST:SMILE memories(前編)では3人のヒロインを攻略できます。
与那嶺純「与那嶺 純」 高3
 島一番の元気っ子です。父「利夫」は「よなみね商店」を営んでいて、純も配達等の手伝いをしています。
 彼女の人並み外れた身体能力と、その元気の裏に隠された悲しみを描いた素敵な物語でした。

一条めぐる「一条めぐる」 16歳
 おしゃべりが上手くないので友達は少なく、夏の観光客で賑わう期間は毎朝一人、海岸でゴミ拾いをしています。
 本来は当たり前にいるはずの親がめぐるにはいません。そんな彼女の心境を明るく、そして悲しく語っています。

ロストスマイル「東雲 美鈴」 自称20歳
 父は神主で、母は巫女でしたが火事で亡くなってしまいました。その日から時が止まってしまった美鈴です。
 観光で星美島に来ている美鈴。日中は島中の森の中を探検しています。彼女は一体、何の為に何を探しているのでしょうか。

●総合評価
 めぐる、純ルートを終えて感じたのは、子供の頃の夏休みに田舎の親戚の家へ数日遊びに行って、帰りの汽車の中で寂しくて泣いてしまったことを思い出しました。
 美鈴ルートでは不死ということを通して、生や死について考えさせられました。また自分が辛くても人の幸せを想い続ける美鈴の心の美しさには感服です。

 ロストスマイル(前編)では3人のヒロインを攻略できるのですが、それぞれの個別ルート毎に物語の内容が全く違っていて三者三様で楽しむことができます。
 各ルートともシナリオ性もあり、各ヒロインの可愛さも十分に堪能できる内容です。

 上述の感想覧ではとっても期待していた分、辛口の意見になってしまいましたが、ロストスマイルは私の中の2019年ベスト5には間違いなく入る良作です。
 ひょっとしたら後編の為に前編は若干セーブした内容になっているのかもしれません。そんな期待を込めて、後編の「LOST:SMILE promises」も購入しようと思っています。

ロストスマイルはSteamの独占配信作品です→LOST:SMILE memories in Steam

最後まで「LOST:SMILE【ロストスマイル】(前編)の感想」を読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
フロントウイング秋の最大半額セール
10/27(日)まで
期待してるエロゲ
ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』

Cabbit 第四弾!「鍵を隠したカゴのトリ-BIRD IN CAGE HIDING THE KEY-」応援中!
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。