『MIBURO』聖地巡礼の旅(会津鶴ヶ城篇)

 2018年G.W、「幕末尽忠報国烈士伝MIBURO」の聖地巡礼を兼ねて、会津若松の鶴ヶ城と白河の小峰城へ行ってきました。その時の思い出を記事にさせていただきます。

鶴ヶ城

会津若松城
 まず鶴ヶ城のレポートです。今回は車での聖地巡礼です。鶴ヶ城の周りには駐車場がいくつかありますが、私は鶴ヶ城公園 西出丸駐車場に止めました。最初の1時間が200円で、以後100円/hです。

 鶴ヶ城前にて入場券(410円)を購入します。今年は戊辰戦争150周年という事で、城内では「松平容保と京都守護職」という表題で企画展が催されていました。
 その展示が鳥肌もの的に素晴らしく3時間程じっくり堪能してしまいました。なのでこの後に予定していた会津の街を見てまわる時間が無くなってしまいました。

戊辰戦争

 鶴ヶ城は1868年8月~9月の戊辰戦争で大きな被害を受け、1874年に建物は取り壊され、石垣しか残りませんでした。
 1965年、昔の天守閣を撮影された画像を元に鉄筋コンクリート造にて復元させたのが、今の鶴ヶ城です。

白虎隊

展示内容に触れていきます。
慶応4年8月23日、白虎士中二番隊、二十人は飯盛山で自刃しました。
今でもこのシーンを思い出すと目から涙が溢れてきます。

飯盛山

この市中が燃えている光景を飯盛山から見て、自刃を決行したそうです。

天守閣

鶴ヶ城天守閣からの眺めです。残念ながら天候は雨でした。

松平容保

会津藩降伏
左手に立っているのが容保公で、右手に座っているのが板垣退助です。

廊下橋

赤い橋

廊下橋

西郷邸跡

城内を出て5分程歩いた場所に西郷頼母邸跡の石碑が立っています。

西郷頼母邸

西郷家はとても幸せそうに過ごしていました。しかし白虎隊の自刃と時を同じく、母、妹2人、妻、5人の娘は、この場所にて自害しました。

<番外篇>
小峰城

白河小峰城

翌日は白河まで足を延ばして小峰城の聖地巡礼もしてきました。

弾丸

戊辰戦争で実際に打たれた弾丸の跡だそうです。

戦利品

●総評
 近藤勇の墓等、他に行きたい場所が沢山あったのですが、城内展示の戊辰戦争150周年企画「松平容保と京都守護職」に見入ってしまい、時間切れで行けませんでした。逆に言えばそれ程、感銘できる展示でした。
 まだまだ会津は行きたい場所が沢山あるので、この続きはまたの機会を設けようと思っています。

関連記事はこちら→『幕末尽忠報国烈士伝MIBURO』感想・批評・攻略順

最後まで「『MIBURO』聖地巡礼の旅(会津鶴ヶ城篇)」を読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
VenusBloodシリーズが半額!
11/30(金)まで
期待してるエロゲ
ウグイスカグラ『空に刻んだパラレログラム』

Evenicle Ⅱ
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。