『金色ラブリッチェ』感想・批評・攻略順

金色ラブリッチェ

評価 A ※エロゲランキング30位(2018年10月現在)
【シナリオA 面白度A 演出S 絵S キャラA システムB 音楽A H度C プレー時間45時間 (長い)】

作品名 / メーカー名 金色ラブリッチェ / SAGA PLANETS
ジャンル 大容量 お姫様
ゲームディスク容量 6.28GB (ディスクレス可)

萌えゲーアワード2017(準大賞、シナリオ賞受賞)

推奨攻略順 玲奈→(茜)→エロイナ→シルヴィア→理亜
 ※茜ルートは一人攻略後に解放。どのタイミングで攻略してもOK
 ※理亜ルートはラスト固定
 ※上記攻略順はおすすめであり、厳守ではありません。
 ※絢華、ミナ、マリアのHシーンもあります。

あらすじ
S県浜中市にある私立ノーブル学園。
お金持ちエリートの教育機関。教育方針の基盤はゆとり教育。
通常の授業は一日の半分。残る半分は個人の選択分野の授業となる。その選択授業には学園のあらゆるコネを総動員してその分野のエキスパートを先生に用意する。

入学希望者は殺到。100倍を超える志願者。偏差値は70以上。
央路「俺なんかが入っちゃっていいわけ?

翌日、王女シルヴィと近衛騎士エロイナと共にノーブル学園に通う事になった主人公「市松央路」。3人は学園にある音楽堂へ足を運んだ。
央路  「昔ココ、教会じゃなかったか?
シルヴィ「え・・・知ってるの? 私も昔、来たことがあるの

金色が全ての始まりだった。あの箱の中にあった金色が。

感想・レビュー
 まず「金色ラブリッチェ」の感想を一言で表現すると「シナリオゲー顔負けのキャラゲー」です。

 ならシナリオゲーでいいじゃん?って思うかもしれませんが、敢えてキャラゲーと表現させていただきました。
 その理由はシナリオも演出も絵も全てがキャラクターの魅力を引き出す為の道具でしかないと感じたからです。全てがキャラクター有りきなのです。

シナリオについての感想です。
 「キャラゲーにシナリオを期待するのはご法度」というのがエロゲ界の掟なのですが「金色ラブリッチェ」は見事その禁忌に触れた作品です。

 多くのキャラゲーは個別に入るとイチャラブ重視になって詰まらなくなってしまうケースが多いのですが、この作品は各個別ルートにおいても物語の筋がしっかりしています。
 特にラストの理亜攻略ルートに関しては多くのシナリオゲーの存在をあざ笑うのごとく、心にぽっかりと風穴を開けられたかの様な素晴らしいエンディングです。

その他の感想です。
 まず演出ですがキャラの表情が良く変わり、ヒロインの魅力が十二分に伝わってきます。CG数も多く一般的なエロゲの1.5倍程度は使用されているかと思います。
 絵も綺麗でエロゲの中ではトップレベルではないでしょうか?

 システムはイマイチです。オートモードを右クリックで解除出来ないし、次の選択肢へのジャンプがありません。
 Hシーンですが短めです。あまり期待しない方が良いと思います。しかしサブキャラ3人(茜、絢華、ミナ)のHシーンがあるのはポイントアップです。訳あって千恵華(CV遠野そよぎさん)のHシーンはありません。

●攻略ルートのあるヒロイン4人とサブキャラ1人の紹介及び感想
妃玲奈「妃 玲奈」 クラスメイト 庶民
親の年収は300万。ノーブル学園ではめずらしい庶民。
玲奈ルートと言うよりも主人公「市松央路」の過去に重点を置いた物語です。なので攻略順としては最初に入る事をおすすめ致します。権力の暴走をベースにした面白いお話しです。
このルートで絢華のHシーンもあります。

栗生茜「栗生 茜」 年下 陸上部 サブキャラ
人懐っこい元気っ娘。サブキャラでいる間は非常に好感が持てるキャラなのですが、このシナリオはダメかと。よくある高校生の恋愛的なお話です。
逆に好感度を下げてしまった感じのシナリオなので、プレイしなくても良い内容です。

エロイナ「エロイナ・ディ・カバリェロ・イスタ」 シルヴィの近衛騎士
シルヴィ第一主義。悪く言えば絶対君主制的で危険な思想を持つエロイナ。このルートを攻略していると戦争末期を書いた新聞記事が脳裏をかすめます。特攻隊は本当に自らが望んで死んでいったのか?
この攻略ルートでシルヴィの生い立ちが明らかになります。

シルヴィ「シルヴィア・ル・クルスクラウン・ソルティレージュ・シスア」 王女
北欧「ソルティレージュ」の第九王女。相性は「シルヴィ」
共通ルートの続きがこの攻略ルートに繋がる感じです。
「金色ラブリッチェ」のテーマの一つであるカッコよく生きる事の重要性を問う物語で、理亜ルートの前振り的役目のお話です。

僧間理亜「僧間 理亜」 幼馴染
ヤンキーで性格は微妙。乱暴で乱雑で口が悪くひねくれもの。顔以外褒められる要素が無い。しかし央路にとっては一番気軽に話せる存在。
「命を賭してもカッコよくいたい」この作品「金色ラブリッチェ」の集大成ルートです。

●総合評価
 医者も匙を投げ、本来はもうとっくに存在しないはずの命。幼少期の少年とお姫様との出会いが少女の運命を変え、10年後、時計は再び回り始めます。
 作者は登場人物の言葉を借りて、死を表現した作品は好きではないと言っています。しかしエンディングでは死生観を顕にしています。この矛盾は興味深いです。

 ラスト固定の攻略ルート名が「GOLDEN TIME」である理由はなんなのでしょう? 大切な人が亡くなるってどうゆう事なのでしょうか?
 そんな事を確かめる意味でも、再プレイしたくなる「金色ラブリッチェ」でした。

 感想・レビュー覧でも記した通り「金色ラブリッチェ」はシナリオゲー顔負けのキャラゲーです。是非、攻略してサガプラ及び作品に関わった人達の情熱を感じ取ってみて下さい。

  金色ラブリッチェ
  アマゾン    DLsite

最後まで「『金色ラブリッチェ』感想・批評・攻略順」を読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
グリザイアシリーズが50~15%OFF
11/5(月)まで
期待してるエロゲ
ウグイスカグラ『空に刻んだパラレログラム』

Evenicle Ⅱ
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。