『トリノライン』感想・批評・攻略順

トリノライン

評価 B ※エロゲランキング78位(2017年10月現在)
(シナリオC 面白度B 演出S 絵A キャラA システムB 音楽S H度A プレー時間 少し短め)

作品名 / メーカー名 トリノライン / minori
ジャンル 大容量  アイキャッチ
ゲームディスク容量 6.92GB (ディスクレス可)

推奨攻略順 (夕梨→シロネ)→沙羅
※カッコ内はおすすめですが、好きな順番でもOKです。(攻略難易度は簡単)
※沙羅ルートはラスト固定です。

あらすじ
沙羅 「こんばんわ、あなたはトリノ。わたしが作ったの
シロネ「トリノ?
あなたはこれからこの世界で生きるの。もうひとりのシロネとして。

もう彼女には会えないと分かっている。
あの夏の日から心を殺したまま。僕だけが大人になっていき、彼女の時間が再び動き出すことはない。
舜「あれから、僕は変われたのかな

今やアンドロイドは介護や育児にも活用されています。しかし人型ロボットと言うにはほど遠く、ぱっと見で人とは区別がつくレベルです。
「トリノライン」の舞台である花神島。この島にはRRC(ロボット工学研究センター)があり、アンドロイドの可能性についての研究がなされています。
その研究をけん引しているのが幼馴染の「紬木 沙羅」です。しかし白音が死んだ日から、舜は沙羅には会っていません。

咲見学園の2年1組。檀上へ進みゆく人影。
沙羅「この度、復学する事になりました紬木沙羅です
彼女を見つめたまま凍り付く舜。

もう一つの開発もようやく実を結んだ。私はもうあなたの前から居なくなったりはしない。またあの日を始められるね。
沙羅「トリノが、私が、世界を変える時が来た

感想・レビュー
まず「トリノライン」の感想を一言で表現すると「いつものminori」です。
上述のあらすじでも記した通り、今作はアンドロイドという男心をくすぐる設定だったので、もしやと思い「トリノライン」を攻略してみました。しかしやっぱりここ近年のminori作品でした。
前2作(「ソレヨリノ前奏詩」「罪の光ランデヴー」)が楽しめた方は楽しめると思いますし、不満だった方は「トリノライン」も不満だと思います。

相変わらずBGMと映像のコラボレーションはエロゲ界ベスト1です。
細部にまでこだわったBGMはヒロイン達の感情や場面のシチュエーションを的確に盛り上げています。美しい映像は攻略していてとっても心地良く、その2つが重なり合った演出は快適で、芸術と表現しても過言ではないレベルです。

反面、今作「トリノライン」もシナリオがついてきてません。
共通ルートがとても良かったので一時、期待が膨らみましたが、個別攻略ルートで失速です。例えば過去に読んだ事のある似たようなシナリオだったり、急に余命が登場したり、自殺しようとした人間が告白されたら急に態度が変わったり。
詳細は下記の「攻略ヒロインの紹介及び感想」で記します。

その他の感想です。
Hシーンは相変わらずピー音なしのダイレクトで効果音付きです。画像も官能的で実用性があります。回数は各ヒロイン3~4回です。
システムは褒められません。オートモードを継続しながら左クリックでテキストを進められないし、バックロクからのジャンプもできません。メッセージウィンドウの濃度変更が出来ません。SAVE画面にコメントが入れられる機能は良いと思います。

攻略ヒロインの紹介及び感想
宮風夕梨「宮風 夕梨」 幼馴染 1年生
病弱設定にかこつけて、遅刻、早退を繰り返している茶目っ気キャラです。とてもいい子です。
夕梨シナリオはトリノラインの本筋から少し外れているので、共通ルートや他攻略ルートではあまり夕梨は活躍していません。しかしこのルートでは彼女の魅力は上手に表現されていますので、夕梨の素顔を堪能できると思います。
私事になりますが、シナリオに関して過去に読んだクローンもの小説と内容やテーマが酷似していた為、残念ながら楽しめませんでした。

七波シロネ「七波シロネ」 アンドロイド
白音の記憶データを移植し、容姿までもがそっくりに作られたトリノ。
しかしシロネは白音のコピーだけど白音ではない。人間のエゴで作られたアンドロイド。
故に人間からは受け入れられない。
シロネはとっても可愛いのですが、シロネ攻略ルートでは、しゃべりすぎ。長文を論理的にしゃべる萌えキャラはどうかと感じました。
共通や他攻略ルートではとても可愛かったです。

紬木沙羅「紬木沙羅」 幼馴染 2年1組
今やTVにも登場する有名な科学者。舜の父親のトリノ研究を受け継いでいます。
シロネは沙羅が人生を賭して作ったアンドロイド。実験の為ならどんな手段も厭わない意志の強さと行動力を持っています。
時折、おっ!ていうシーンもあったのですが、その他は内容が重いのにシナリオが軽いという印象でした。
この沙羅攻略ルートでトリノラインの全容が明らかになります。

●総合評価
上述の記事を読んでいただければわかると思いますが、前2作からの3度目の正直で期待していた分、辛口の内容になってしまいました。
総合的にシナリオの感想をまとめると、死、余命、永遠等の語句が出てくる作品にしては、伏線もなく展開も急でシナリオに重みを感じないという印象です。
ただ映像とBGMのコラボレーションを楽しむという観点から考えるとこれでいいのかもしれません。

「感想・レビュー」欄でも記した通り、minori作品が好きな人は楽しめる作品だと思います。むしろ演出の素晴らしさを味わうという趣旨だけで購入しても損のない作品です。
色々と批評(批判)意見を記してきましたが、「トリノライン」はキャラの可愛さ、演出の素晴らしさはエロゲ界トップクラスです。シナリオに過度な期待をしなければ楽しめる作品だと思います。

 
 シンプル版    豪華版

※豪華版はサウンドトラックが内封されています。

最後まで「『トリノライン』感想・批評・攻略順」を読んでいただきましてありがとうございます。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
同人20%OFFキャンペーン
期待してるエロゲ
景の海のアペイリア

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
最新記事
リンク
QRコード
QR
スポンサー
O-net他、大手企業が多数参加!

美味しかったですよ!

レビューはこちら↓
おすすめ通販「宅麺」体験談

宅配便(送料無料)で送るだけ!
こずかい稼ぎに私も使ってます。
レビューはこちら↓
NET OFF体験談

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。